動物の死骸はドッグフードとしてリサイクルされる。

世の中に流通している肉には様々なランクが付けられていますが、
4Dミートと呼ばれる動物の死骸などを意味する肉があります。
この4Dとは「死んだ」「病気だった」「死にかけだった」「障害があった」
といった言葉の頭文字をとって4Dと言われています。

この4Dミートはアメリカでの肉のランクでは食品として不適格なものである、
とされていて最低ランクの肉に分類されています。
これらの4Dミート尾を処分する方法としてドッグフードなどのペットフードに
使われるようになったと言われています。

市販されている犬猫用のペットフードに表示されている成分表や原材料には、
家禽ミール、ミートミール、フィッシュミールなどの表示を含むものがありますが、
原材料名としては何の肉が使われているか不明なため、4Dミートの可能性が高いです。
チキンミール、サーモンミールなど原材料名がついているものは比較的安全です。
他にも○○パウダーや○○エキスといった表示についても、安全性は低いと言えます。

4Dミートには食肉として適さないばかりが、骨、羽根、爪、くちばし、内臓など
通常であれば食品として処理しない部分まで含まれていることがありますので、
これらを使ったペットフードを食べさせてしまうと毛並が悪くなったり、
アレルギーや内臓疾患などの病気になるリスクが高いと言われています。
見分けるためには、成分表、原材料などをチェックしてあまりにも安すぎる商品の
購入を避けるなどの方法があります。