古いパソコンを捨てるとき、ハードディスクのデータを完璧に削除する方法

古くなったパソコンを破棄するとき、一番気になるのはハードディスクに保存された
データをどのように削除すればいいかではないでしょうか。
個人情報が山のように詰まったパソコンをそのまま捨ててしまうと、
内部データを誰かに盗まれてしまうリスクが付きまといます。

そんなの普通に削除すればいいんじゃないの?って思っている人は要注意です。
データは単純にごみ箱に入れて削除しただけでは簡単に復活させることができます。
ハードディスクに記憶されたデータを完璧に削除するためには、ゴミ箱に捨てて空にした
だけでは不十分だと思ってください。

完璧にデータを削除するためには、ハードディスク全体に対して意味のない文字列を
繰り返し上書きすることで実現することができます。
一度や二度の削除では専用ソフトを使えばリカバリーできるようになっているので、
何重にも上書きを繰り返すのです。
このデータ消去法はフリーのソフトでも行うことができますが、市販の専用ソフトを
購入してクリアするのが一番良いでしょう。

それでも心配だという人は破棄するときに物理的に破壊してしまいましょう。
パソコンはリサイクルすることが義務付けられていますので、その点は守ってください。
その辺にゴミと一緒に捨ててしまわないようにしましょう。
個人情報が流出してしまうと、どのような問題に発展するかは予測不可能です。
銀行の預金などが勝手に下ろされるというトラブルも皆無ではありません。